支出を調べる|業務の効率化を図る在庫管理はメディア業界でも大人気
女性

業務の効率化を図る在庫管理はメディア業界でも大人気

支出を調べる

IT

交通費精算システムや経費精算システム

企業活動において必要経費は生じるものです。それは会社の予算とは違う枠組みであるため、社員が個別で精算に当たる事がほとんどと言えます。その経費を処理しなければ社員の持ち出しになるため、経費精算は誰もが行う業務です。 以前は領収書を管理して書類を提出するやり方が主流でした。しかし最近ではコンピュータシステムを使うやり方が主流です。表計算ソフトを用いる事も手段の一つですが、専門ソフトの方が便利と言われています。 例えばICカードを読ませて電車に乗った場合、交通費精算が必要になります。その時にICカードの情報を読み取るシステムがあれば、大幅な時間削減になる事は間違いありません。それ以外にも経費精算のために取っておいた領収書の情報を、カメラで読み取れれば入力作業を省けます。

少数の企業でも導入しやすくなっている

経費精算は非常に面倒な作業であり、効率化が目指されているものです。しかしシステムを導入しているのは、一部の大企業だけでした。なぜなら導入費用が非常に高額だったからです。顧客との応対ともほとんど関係がないため、経費精算システムは軽視されていました。 それが変化したのはASPサービスが発展したからです。ASPとはネットワーク越しのシステムを利用するための技術で、顧客に継続的な課金をさせる事ができるため注目を集めています。料金の徴収機会が何度も訪れれば、パッケージ化された製品を高額に設定して、回収行為に走る必要がありません。 ASPは人数や利用率に応じた価格設定ができます。少数の企業でも導入しやすくなっている理由です。