企業に大事な情報|業務の効率化を図る在庫管理はメディア業界でも大人気
女性

業務の効率化を図る在庫管理はメディア業界でも大人気

企業に大事な情報

システム

人事管理システムに含まれる情報

人事管理システムとは、社員の個人情報を企業が戦略的に管理するシステムと言えます。ここで言う社員には、派遣社員やパート等の非正規社員を含むのが一般的です。 一般的に、人事管理システムに含まれるのは、社員の氏名、住所等の基本情報、研修受講履歴や保有資格等のスキル情報、所属や異動履歴情報、そして人事考課情報があります。多くの企業においては、人事管理システムを給与計算システムや勤怠管理システムと連携させているため、給与や社会保険等の労務情報や有休取得などの勤怠情報も含まれます。 現在、様々なメーカーから人事管理システムの業務パッケージが販売されており、あるいは外部の業者に運用を委託する場合もありますが、一般的に、導入価格や保守料金は従業員数で変動します。

自社に導入するか外部委託か

人事管理システムを自社に導入するか、外部に委託するかを決定する場合、価格も重要な要素ですが、他にも検討すべき要素があります。 まず、戦略的に組織変更や人事評価基準の変更がしばしば行なわれます。これらの変更に柔軟に対応できることが不可避です。特に、提出と承認のワークフローが多様な組織体系に耐えられることが重要です。 そして、自社の情報は、販売データも顧客データも外部に漏洩することは許されませんが、人事情報は社内にも漏れることが許されません。この点では、自社に人事管理システムを導入して、自社のIT担当部門に運用を任せるよりも、外部に委託する方が適当かもしれません。あるいは、自社に導入しても外部の業者に運用を任せる方法も選択肢の1つです。